65才で中咽頭癌(ちゅういんとうがん):ステージⅢになってしまった私の父の現在進行型の癌闘病日記。~闘病生活だけでなく、癌に関わるいろいろな情報を綴っていきたいと思っています~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退院
2006年05月31日 (水) | 編集 |
術後の経過も順調のため、本日退院。
食べ物に関しては、食事に関する注意事項が記載されたリストをもらい、小さめに切ったやわらかいものを食べるようにしなければならない。
万が一傷口から出血してしまった場合には、すぐに病院へくるようにとのこと。
来週からは、がん細胞が残っているといけないため、念のため放射線治療を開始。
放射線は前回より弱めで、期間は3週間の予定。
スポンサーサイト
テーマ: ジャンル:心と身体
手術後4日目
2006年05月21日 (日) | 編集 |
今日のお昼からは通常粥?
ご飯もしっかり食べられるようになり、体重も少し戻ったようだ。
とても、元気で、孫と一緒に病院内の探索に出かけたりしていた。
テーマ: ジャンル:心と身体
手術後3日目
2006年05月20日 (土) | 編集 |
今日のお昼からは3分粥。
テーマ: ジャンル:心と身体
手術後2日目
2006年05月19日 (金) | 編集 |
今日のお昼からは7分粥。
テーマ: ジャンル:心と身体
手術後1日目
2006年05月18日 (木) | 編集 |
お昼の10分粥は食べられたようだ。
電話したら、元気な声で一安心。
のどが痛いといっていたけど、切ったんだし、仕方ないよね。
テーマ: ジャンル:心と身体
手術
2006年05月17日 (水) | 編集 |
11:30より手術開始。
咽頭の腫瘍を摘出するとともに、転移が疑わしいリンパ節の生検も一緒に実施。
生検で、悪性と診断された場合には、そのまま摘出手術を行うとのこと。
(その場合、同意確認のためなのか、家族に連絡が入るらしく、手術中は病室で待っていてくださいとのことだった。)
15:00手術終了。
途中で、呼び出しなしのため、リンパ節への転移は認められなかったのだろうと思いながら、先生からの説明を待つ。
16:00先生からの説明。
手術室隣の相談室にて、摘出した腫瘍を見ながら先生の説明を受けた。
気になっていたリンパ節への転移は見受けられないとのことだったので、まずは一安心。
腫瘍は、思っていた以上に、幅が広かったが(4CM強)、深さはなかったが、念のため、ちょっと大きめに切除したが、のどちんこなどは残すことができたため、のどの再建手術は必要なし。
(悪性腫瘍は始めてみたが、とてもきれいな色をしていて、とても癌の塊とは思えなかった。)
明日の昼からは10分粥がでるみたい。
のどの手術だから、しばらくは絶食なのかと思っていたため、ちょっとびっくり。
17:00
やすじいじ、手術室より戻ってきた。
まだ、麻酔で意識はもうろうとしていたが、話しかけたら、返事をした。
声も変わっていないようだ。
やすじいじ、手術、お疲れ様!今日はゆっくり休んでね。
テーマ: ジャンル:心と身体
三回目MRI
2006年05月09日 (火) | 編集 |
放射線の結果を確認するためにMRIを実施。結果は、あまりよろしくないようで、腫瘍は小さくなっていないとのこと。
来週、手術をすることに決定。
テーマ: ジャンル:心と身体
放射線の副作用?
2006年05月05日 (金) | 編集 |
放射線を当てていたからか、照射していたところを中心に首にたくさんの黒い斑点(しみ?)が出現し、皮がむけてしまっている状態になってしまった。
そのうち、落ち着いてくるらしい。
のどの痛みは、少し回復し、やわらかいものであれば、何でも食べられるようになったようだ。
テーマ: ジャンル:心と身体
放射線治療終了
2006年05月02日 (火) | 編集 |
放射線治療終了。
しばらくは、放射線の効果を観察し、今後の治療方針を決定。
やすじいじは、後半ちょっと、のどのただれもあり、食が進まない様子。
味覚もまたなくなってしまったらしい。
暑くなってきたし、体力を落とさないためにも、食べられるものをしっかり食べなくちゃね。
テーマ: ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。