FC2ブログ
65才で中咽頭癌(ちゅういんとうがん):ステージⅢになってしまった私の父の現在進行型の癌闘病日記。~闘病生活だけでなく、癌に関わるいろいろな情報を綴っていきたいと思っています~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MRIとは
2006年09月09日 (土) | 編集 |
magnetic resonance imaging(MRI)
日本語では“磁気共鳴映像法”と言います。

強い磁気の中で、患者の体に外から電波を加えることにより、体内の水素原子が共鳴し、電波を止めると、共鳴した水素原子から微弱な電波が発生します。
MRIはこの微弱な電波を磁石の力使って受信してコンピュータにより画像化し、正常部分と病気部分の水素原子の違いをコンピュータが白黒で画像をあらわしています。

MRIではX線を使用しないため、被爆の心配がなく、また、脳の中や脊椎など、CTが苦手とする部分の断面画像を撮影することができます。
ただし、水分の乏しい部位などは CT 検査に劣る場合があります。

また、ペースメーカーや旧タイプの動脈瘤クリップなどの金属物が体内にある場合は磁場により誤動作を起こす可能性があり、検査できない場合があります。
スポンサーサイト
テーマ: ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。